残留農薬や雑菌をごっそり落とす!
野菜用洗剤使い方ナビ

ヘッダーページ
HOME » 農薬を除去する野菜用洗浄剤の“気になる”を徹底追及 » どうやって使うの?

どうやって使うの?

ここでは、野菜用洗剤を使った農薬を落とす方法を紹介します。 

農薬を落とす方法の基本は“溶液を作って浸ける”だけ!

農薬落とす目的の野菜用洗剤は、水に溶けやすい超微粒子パウダーになっています。

  • その1)溶液をつくる(水:洗剤=1リットル:1~2g)
    まずはボウルなどに水1リットルに対してティースプーン1杯ほどの洗剤を入れてかき混ぜて溶かします。
  • その2)5~10分つけ置き
    そこに、水洗いで泥などを落とした野菜を入れて5~10分つけ置きすれば、野菜の洗浄、殺菌が完了します。
  • 農薬を落とす方法の基本は“溶液を作って浸ける”だけ!その3)水洗い
    表面にカルシウムが付着しているので、食味をよくするためにも最後に水洗いをすると良いでしょう。すぐに食べる場合なら、カットしてから、洗浄後に保存するなら丸のままで浸けるのが効果的です。
    ちなみに、さまざまなメーカーの調査によれば、10分で食中毒系の菌の99%は除菌できるとのこと。長く漬け置いても効果は変わらないので5~10分に引き上げるのが良いでしょう。

調理器具の殺菌にも♪

調理器具の殺菌にも♪野菜洗浄と同様に、1リットルの水に対してティースプーン1杯の水溶液を作り、あらかじめ汚れを落としたまな板や包丁、布巾などをつけ置きして殺菌することができます。

塩素系の殺菌洗剤と違い、残留塩素の心配がない点が大きなメリットです。

ただし、鉄製、銅製、アルミニウム製のものは、アルカリと反応して腐食や変色をしてしまうので、避けるようにしましょう。 

消臭・殺菌・美肌効果も!?お風呂の入浴剤として

消臭・殺菌・美肌効果も!?お風呂の入浴剤として美人の湯として知られる温泉は、アルカリ泉であることが多いようです。野菜用洗剤もアルカリ性の水を作ることができるため、お風呂に混ぜ込めばアルカリ温泉に早変わり!湯あたりがよくて体が温まり、肌がすべすべになりますよ。

アルカリの水は汚れを浮かして溶かし、消臭効果もあるので、加齢臭に悩む男性にもぴったりでしょう。また、排水の際に排水パイプの洗浄効果も期待できます。