残留農薬や雑菌をごっそり落とす!
野菜用洗剤使い方ナビ

ヘッダーページ
HOME » 農薬を除去する野菜用洗浄剤の“気になる”を徹底追及 » 輸入食材でもきちんと落ちる?

輸入食材でもきちんと落ちる?

ここでは、野菜用洗剤が輸入食材にも効果的かどうかを検証します。そもそも輸入食材の危険性のホントのところは?やっぱり国産の方がいい?輸入食材の農薬を落とすのは無理?その真実に迫ります。

安全or危険?輸入野菜&果物の農薬事情

農薬を紹介するページでは、中国、韓国に次いで、日本の農薬使用は世界の第3位であると紹介しました。それでは、中国産や韓国産を避ければ、輸入野菜でも安全なのでしょうか?

答えはNOです。

その理由は、国によっては農薬の使用量を減らすために土壌に混ぜ込んでしまい、「洗っても農薬が落ちない野菜」を作ったり、農薬の何倍ものパワーを持ち収穫後や成長中に噴霧する「ポストハーベスト」を使用しているケースがあるため。

また、日持ちのする食材については、中国や韓国産の安い野菜を転売や加工して「○○産」と表示するケースもあります。一説によると、安い輸入食材店のイタリアントマトの缶詰のトマトは、ほとんどが中国産ですがイタリアで加工しているためイタリア産と表示されます。

さらに、中国や韓国の一部の地域では、農薬の使用だけでなく、深刻な土壌汚染が指摘されています。日本は、土壌汚染とそれによる健康被害という道を過去に通ってきました。今現在、その道を通っている国から、わざわざ食材を買う理由はありませんよね。

野菜は新鮮である方が栄養価も高いので、やはり国産のものにこだわるのが一番と言えるでしょう。

野菜や果物などの輸入食材の農薬は落とせるの?

野菜用洗剤は、先ほど紹介したように、強いアルカリで野菜表面に付着した農薬の油分を分解、剥離して農薬を除去します。つまり、葉ものや果実などの表面に付着した農薬や汚れ、雑菌であれば農薬や食中毒菌を除去して、安全に食べることができます。

けれども、野菜用洗剤でも農薬が落ちないケースがあります。それは、農薬を土壌に混ぜ込んでしまって、野菜そのものが水分とともに農薬を吸い上げてしまったケース。この場合、表面をどれだけ洗っても農薬は落ちません。

特に、キノコなどや芋類、根菜類は土壌(キノコの場合は木)の農薬を吸い取りやすいので、除去はできないと考えた方が良いでしょう。